ABOUT

ABOUT


大平やさいについて

私たち、大平やさいはお客様に喜んでいただける商品とは何か?を常に考えています。

【誠実であること】
正しいことは何か・・・を追求すれば、
自然と安全な野菜、食べても安心な野菜を作ることができます。
私たちは誠実であることを心に誓って仕事をしています。

【創意を凝らすこと】
一日一日を大事にし反省と改善を繰り返し常に自問自答をしながら
創造的な仕事をすることを心がけています。

【パーフェクトを追究】
日本は温暖化の影響もあるのでしょうか、
数年前とは違い近年野菜作りにとって非常に過酷な時代に突入しています。
そんな中でも困難に耐えて「良いものを作ろう」を信念に私たちは日々頑張っています。

【farm to table 農場から食卓へ】
私たちが作ったやさいを食べて「うまい!!」と言わせる。
その料理を食べた人その料理を作った人、全ての人が笑顔になり幸せな心になります。
その様な夢を描き純粋な心で、お客様第一主義を貫く事を私たちは努力しています。

BRAND

BRAND


ブランド

大平やさいでは自社製品のブランド化にも取り組んでいます。

レタスなどの野菜は、全国いつどこにでも売っている、
大変差別化の難しい商品ですが、
独自のパッケージでお客様への認知と信頼を高めていく努力をしています。

EVALUATION


第三者評価

一般社団法人日本食品分析センターにて、食品の成分の分析を行ったところ
旨味成分・健康維持機能についてとても良好な成績を頂くことができました。

近年欧州でも強い関心が集まっている「硝酸態窒素*」について基準値を大幅に下回る良好な結果で、
大平やさいの生産する野菜の多くは健康の維持を応援する食品であるという裏付けになります。

*硝酸態窒素 肥料や雨水などに含まれるアンモニウムが酸化したもので、第一級の発がん性物質と言われています。 旨味成分についての成績書 硝酸態窒素についての成績書
硝酸態窒素含有濃度
EU基準値 大平やさい
結球レタス 200mgNO3/100g 18mgNO3/100g
ロメインレタス 400mgNO3/100g 10mgNO3/100g

PRODUCTION


生産の流れ

QUALITY


品質管理

安全・安心・新鮮でおいしい野菜を
お客様にお届けするため品質管理にも徹底しています。

GAP指導員を複数名配備しており、
スタッフが一丸となって農場の管理体制を構築し、
品質管理の向上に取り組んでいます。

  • HACCP責任者講習

    2名

  • JGAP指導員(内2名GAPの産地リーダー養成研修合格者)

    7名

  • ASIAGAP指導員

    2名

栽培工程管理

  • 土壌診断試験

  • トレーサビリティの確保

農産物取扱工程管理

  • 水質検査

  • 残留農薬検査

  • 消毒(スタッフ)

  • 消毒(機械・機材)

  • 異物混入防止対策(作業時帽子着用、私物持ち込み禁止)

  • 金属探知検査

  • トレーサビリティの確保

コールド
チェーン管理

コールドチェーン管理とは、商品を低温に維持し、品質を保ったまま
量販店、加工事業者様へお届けする物流方式のことです。
大平やさいでは収穫後は商品を低温に維持したまま加工、梱包、出荷しています。